sdorica

実験体のスキルと性能

キャラ紹介

実験体(Experiment)
属性:金
年齢:製造1年
誕生日:炎月10日(7月10日)
身長:200cm

Info:SSRから抜粋

オースタが死体を組み合わせて作り出した実験品。No.MX46と名付けられた。また、オースタがはじめて動かすことに成功した実験品でもある。

力が強く、乱暴で、知能は3歳の子供程度。簡単な言葉は話せるが、テンションが上がりすぎるとコントロールが効かなくなる。

ずっと実験室にこもっているため、外の世界に対しての興味が強い。首の後ろのマナの結晶が実験体を動かしており、そして気になるのは、オースタがこのマナの結晶を非常に大切にしていることである……

オースタの開発したジェムの体を手に入れた実験体は、バトル中に自らの能力を余すことなく発揮できるようになった。

スキル内容

スキル詳細

レアリティ 効果
1ソウルスキル R~SSR 自分に治癒(0.9倍)を発動、「麻痺」中である場合は体力を回復せず「麻痺」の解除のみ行う
スキル名 興味
2ソウルスキル R 前列の敵に基本攻撃(2倍)を発動、「麻痺」中はスキルが無効になる
SR 前列の敵に基本攻撃(2.5倍)を発動、ソウルを1個消す。「麻痺」中はスキルが無効になる
スキル名 攻撃 SSR 前列の敵に基本攻撃(3.5倍)を発動、ソウルを1個消したあと、「麻痺」を得る。「麻痺」中はスキルが無効になる
4ソウルスキル R~SSR 敵全員に基本攻撃(3倍)を発動、「麻痺」を得る。「麻痺」中はスキルが無効になる
スキル名 咆哮
パッシブスキル R なし
スキル名 蘇生 SR 攻撃されると1スタックを得て、5スタックまで貯まると「麻痺」を得る。スタック数は治癒を受けるとリセットされる
SSR 攻撃されると1スタックを得て、7スタックまで貯まると「麻痺」を得る。スタック数は治癒を受けるとリセットされる
アドバイザースキル R ソウルを2個金色に変える[CD:7]
スキル名 転換 SR ソウルを2個金色に変える[CD:6]
SSR ソウルを2個金色に変える[CD:5]

「麻痺」:毎ターン終了時、3スタックの「防御力ダウン」と「弱化」を得る

各スキルの評価と感想

1ソウルスキルによる回復か麻痺解除

自己回復出来るスキル。倍率は低く基礎攻撃力も下から数えたほうが早い為、誘発やソウル整列以外ではあまり使わない。

2ソウルスキルによる前列基本攻撃、ソウル除去、麻痺取得

倍率が高い攻撃。ただ、SSRになると同時に麻痺を取得してしまうため、次ターンすぐに動けない為、1ソウルスキルを使うしかなくなる。

4ソウルスキルによる全体基本攻撃と麻痺取得

倍率が高い全体攻撃。これも攻撃後に麻痺を取得してしまう為、次ターンに1ソウルスキルを使って麻痺を解除する必要がある。

パッシブスキルによるスタック数に伴う麻痺取得

デメリットパッシブスキル。攻撃される度にスタックが貯まる為、攻撃を受けないようにするか、回復してあげる必要がある。一人では生きられない実験体の存在を表している効果。

アドバイザースキルによる金ソウル変換

任意のソウルを金ソウルに変換出来る。金属性主体なら選択。ソウル変換系は強い為、ギルドアドバイザーにしておくとたまに使ってもらえる。

構成例

初心者向け

SRまでの実験体なら2ソウルスキルでガンガン殴れる敵の攻撃が怖いため、白はヘスティアやプギやティカ、オースタなど回復出来るキャラにしておく。逆に盾付与は噛み合わないため、使わない方が良さげ。オースタがいるなら強化して短期決戦に持ち込む。

キャラ集まったら

基本的にはソウル変換目的でアドバイザーで使われる。

ヘスティアSPで毎ターン自動回復出来る為、多数の敵から攻撃されても継戦能力はある。

全体攻撃に特化するならオースタやオースタオルタなど火力アップしまくって4ソウルスキルをぶっぱする。

感想とまとめ

異形の無機物子供枠。事情が事情なだけに悲しくなる存在。

まとめ

・金ソウル変換が強い

・単純な攻撃力は高い

END

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA